オリックス銀行とはどんな銀行?

オリックス銀行は日本でも最大手の金融サービス会社「オリックス株式会社」が100%出資しているインターネット専業の銀行で、他のネット銀行では取り扱いの少ない金銭信託を取り扱っている点に特徴があります。

オリックス銀行とはどんな銀行?

オリックス銀行の使い方

オリックス銀行は、キャッシュカードを発行していないので、入出金には他行へ振込んでから引き落とさなければなりませんし、公共料金の口座振替などにも対応していません。これでは、日常使いの便利なおサイフ代わりの銀行として使うには、かなり利便性に欠けますね。しかし多少の不便を差し引いても、オリックス銀行の定期預金の高金利には魅力があります。金利の高さで人気のある住信SBIネット銀行をも上回るトップクラスの高金利です。自ら「サブバンク」であることを宣言しているとおり、「お金を貯めて運用するための専用銀行」として利用するのに適している銀行と言えるでしょう。
「eダイレクト金銭信託」は、eダイレクト預金からの口座引落で24時間いつでも対応できますし、安心でシンプルな運用と預金を上回る予定配当金の率の高さが特徴です。資金に余裕があったり定期預金が満期を迎えた時など、その先の運用をするためには最適の商品でしょう。
規制が厳しくなった消費者金融よりも銀行のカードローンは安心感がありますね。審査が厳しいと言われるオリックス銀行カードローンですが、その金利の低さと利用限度額の高さはトップクラスです。貸出金額は1000円以上1000円単位ですし、対応も親切と評判は良いようです。ローン商品にはローンカードが発行され、提携金融機関のATMから借り入れや入金ができます。そしてその手数料は無料など、なかなか使い勝手の良いカードローンと言えるようです。
オリックス銀行は、多方面に事業を展開し海外にも広くネットワークを持っているオリックスグループの一員です。各分野に専門的な知識や経験の背景があるということはオリックス銀行の大きな強みでもあり、充実したサービスを展開できる基になっているといえます。その強みを活かして、中小企業などのさまざまな経営課題への解決策や提案を行える銀行でもあります。またもともと「信託銀行」なのですから、信託に関しては経験的にもノウハウを持っている銀行といえますね。